--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
03/28/2011    だからって・・
P1020733.jpg
君はいったいどちら側なんだ?

鎮めた側か?
鎮められた側?



いつも突然だな

何故

私にそれを力説する?


よりによって・・・此処ですか。。。


弧帯の紋のこの杜で。





水彩にて。
スポンサーサイト
03/24/2011    IZUMI
IMGizumi.jpg
眩しすぎる音の湧く泉

その甘い露

呑みほす喉もと潤す光



稀く律旋をいっぱい抱えて
眩しい瞳で歌っていたわ・・・

私を浮遊させた

祈りの泉
いつからそこにいたのだろう


次にそれを観るのはどこだろう





水彩、パステルをごちゃごちゃにした。。。
そしたら、、、
あのイメージに変身だ!!!
うふふ~・・・。
03/22/2011    蛇紋岩
P1020732.jpg
そのメランジェ帯からしか産まれないんだ

あの
すべてを記憶したような
叡智の玉


龍に化けた蛇のお腹から

あの石は産まれる



カワセミ
ともいう・・・

あの
そらの全部を凝縮した色の玉

みどり











どうしたって
そこからしか産まれないんだ





水彩にて。
03/18/2011    ヒカルとき
P1020691.jpg
思い出そう
何度も繰り返されたポールシフト

救うものは

どこでもない

この星のヒカルもの達



ゆら・・・
03/15/2011    名も無き人へ
IMGharunokaze.jpg
あなたが名も無き人を名のる時
どれほど傷ついていることだろう

同時に
ある種の安堵感を得られるのですね

誰かを傷付けずにはいられない程の悲しみが
あなたを押しつぶしてしまわないよう
祈るのみの私です


本当なら
今すぐにでもそこに飛んで行って
抱きしめてあげたいのだけれど・・・

今となっては
それはあなたの救いにもならない



もうすぐ
あなたの嫌いな桜の季節がやって来る
しかも
こんな時に・・



名も無き人

重すぎる名を背負ってしまったあなたの泣く声が聞こえる

その名に括られた
名も無き人



あなたを解き放ってさし上げる翼を送りたいけれど

私にはそのすべも無く

せめて
白い羽のかけらを

かつて
あなたの頬を優しくなでた方の手の温もりを・・・
03/12/2011    天空に咲く
IMGtennkuu.jpg
そうね・・・

一週間前の今頃だ

そこに向かう私の足を止めた音





手を伸ばす
芳しき天空の花


天を映した地のカガミ

結い直す

その時を待ちわびる





パステルにて。



03/08/2011    蜻蛉起つ
P1020729.jpg
そうだったな・・・
あの陽炎も

火と水の精妙な結晶だな



火の玉を鎮魂できるのは水に決まってる

どちらも来歴は同じだろう
無機質ではありえない



かぎろい起つ
その音が

響く

響く

響く





水彩にて。

03/04/2011    目眩のトンネル
P1020728.jpg
円形の此処にいるもの達の雛形

赤い胎道は長い長い結界

見えない翼はその先にある


凍てついてなどいないのだよ
本当は


潤っている
その胎内にまずは戻ろう

すべてはそこから始まるのだから





色鉛筆、パステルにて。

珍しく下描きなどしたら、、、3ヶ月くらいはほったらかしだった可愛そうな絵が・・・
いきなり一気に描けたーっ

う~ん・・・なぜだろう。。。
まぁ、こんな事もあるさっ!
って事ですね~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。