--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
02/28/2011    ゆらら・・・
IMGhikaruniji.jpg
ゆりかごに寝かされて

まだ生まれたばかり


濁った色も
影も
見ることの無い

光だけの場所にいるのだな

あの人達は



たぶん
悲しむべきものは別にあるとしか思えないもの。。。





パステルにて。

新たなパステル購入してしまった~!
さぁーーーっ
又、描きまくりしようっと(^。^)
スポンサーサイト
02/24/2011    臨界だな・・・
P1020726.jpg
意味なんて考えてる暇はない

私にできることなんて
描きたいように描く

それだけだ

他にどんな理由がいる?




水彩にて。
02/22/2011    午後のひととき
P1020725.jpg
リンクさせていただいてます「Alnitakの徒然記録」の弥音さん作。

昨年、ムーンストーンだと思い込んで選んだら、実はオパールだった石とカヤナイトの青いネックレス。
ヘンプの色もデザインもおまかせして編んでいただきましたら・・・

大好きな青いステキなカタチのネックレスになっていました(*^。^*)
カヤナイトの微妙な青い光とほとんど透明なオパールが・・・青に囲まれて、、、幸せだ~っ!


そして、弥音さん手作りのやさしい石けんとラブリーな手作りキャンドルは、、、
いいのでしょうか~?
プレゼントしていただいちゃって!
って、もういただいてしまいましたが。。。


もうひとつのネックレス。

はい、これを弥音さんに御教授いただく為にお邪魔してました(^^)
三輪さん(大神神社)の子持ち勾玉を、対にして編みたかったからでーす^^
特に意味はありませんけど(f^^)




お逢いするのは、何度めでしょうか・・・

その度に深まる、この感じは何でしょうか・・・

あ、これは恋文ではありませんが(笑)


人が、内側に持つ美しさというものは、どうしたって滲み出るものなのですね。。。
品格だけは、買うことはできませんね、確かに。
勿論、とっても可愛らしいキュートなお姿ですが、、、

その内側の光り方に、感服いたしました。

素敵な女性って、貴女のような方をいうのですよ。。。



あれ!?
すっかりラブレター状態でしょうか~f^^;

弥音さん、とても豊かな時間をいただきました。
ありがとうございます(^-^)

感謝いたします!!!
02/19/2011    陽だまりに
IMGhohoemi.jpg
こんなに寒いのに

ふんわりしたあったかい陽だまりを感じるのは


流れているのだな。。。

流れ出したのだな。。。



流れに身を任せる時の心地よさにも似ている





パステルです。
やっぱり、指で直接描くのって気持ちいい。

念の為、この絵のモデルは存在しません。
P1020719.jpg
鼓膜ではないところに
それを委ねてみた


心地よかった

とても



聖も邪も
関係ない

そんなものは最初から無かった


光と色
そこに浮き揚がるものの正体なんて
知らない



ただ

心地よかった

とても






水彩絵具、水彩色鉛筆。
こんな方法があったとは!!!
楽しすぎるーーー!

なんでもやってみるものだわぁ~~うふふ。。。

02/11/2011    狐忠信
IMGkitune.jpg
こんな雪の日は
誰もこないから

白く舞う人を護る姿に戻るのね

あれからずっと
そうやって



こんな雪の日は・・・





水彩にて。
02/09/2011    過去
IMGmeiri-sixyann.jpg
絵を描き始めてまもない頃。
まだ水彩絵の具さえ手元に無かった頃です。

この山の映像は
突き刺さるほど、衝撃的に美しく・・・

う~ん、美しいなんて表現もちがう。

だから、表現する言葉が無いのです。

だから、私は絵に描くしか方法が無いのですね。



実際に、こう見えるかどうかは別問題でして・・・
描くと、こうなるのですね。。。



メイリーシャン

クーピーペンシルにて、3年ちょっと前くらいです。
過去の絵は、これで終わりにします。
02/08/2011    ただ今実験中
IMGhrunomai.jpg
2,3年前に描いた「梅の花」・・・にはとても見えませんね。。。

付けていたタイトルは、確か「春の舞」だったでしょうか。



同じお花を同じ人物が描いております。
違うのは、、、

これは、土に根のついたお花です。
こうなると、もう殆ど殴り描き状態なのですね。




ちょっとだけ、残っていた過去の絵のひとつでした。
水彩にて。
02/07/2011    単なる記録
IMGhana3_0002.jpg
これは、ご覧のとおり。
切花を生けたときの絵です。

サツキと、なんとかって名前のアジサイの原種。
そして、シュロの葉を、バランスよくする為に先を切ってしまってます。

お花をアレンジするのは好きなのに、、、
それを描くと、こうなるんですね~


だから、何?
ですよねー・・・はい。
因みに水彩でした。
02/05/2011    その音楽は・・その2
IMGdoukoku2.jpg
奏でて欲しがっているものと
つながっている事に

本当は気付いているのだろう



その証を
伝えてくれているのだから・・・


嗚咽ではなく
慟哭ではなく

細胞が泡立つほどの荘厳な歓喜






パステルにて。
又、ひとり遊びしてしまいまして。。。

見る角度が、簡単に事象をどれくらい変えられるのか・・・
自分で実験してみました。
02/05/2011    その音楽は・・その1
IMGdoukoku.jpg
本当は何も伝わらない訳ではなかった

嗚咽していたのだ


それを奏でる人は
きつく自分を抱きしめ

涙も流さず
嗚咽と慟哭をくり返しながら

ひとり歩く姿だった




ただ
奏でる人が奏でたいものは

もうすでに・・・
02/01/2011    そして静寂の
P1020717.jpg
微細なレベルの旋律は

終わりと始まりを同時に出現させるのかもしれない



並行しているのは
とてつもない深寂

なんて心地よいのだろう・・・




水彩にて。
どうしたって、渦巻くものを描かずにいられない癖がありましてーーーっ!
もう、これは治りませんね。。。
治そうとも思いませんけど。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。