--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
06/29/2010    起つ天なる山
IMGkaguyoko.jpg
思いっきりハレの日の空と、真横から見える香具山をイメージして描きました。
描いてたら勝手に山が立っちゃったので、まぁこれはこれでいいか・・・
で、タイトルはこれにしました。
F4サイズなので、少しプリンターからはみ出してますが、大勢(?)には影響なし!って事で。。。

「いったい何の大勢だ!!」
って声が今、聞こえました(笑)
スポンサーサイト
06/28/2010    花咲くふじ
IMGfuji2.jpg
ハガキ大の紙に昨年春ごろなんとなく描いたものです。
なんとなく、満開の桜の季節に富士の山をなんとなく・・・です。
06/23/2010    ふたかみを抱く
IMGhutakami.jpg
昔、フタカミ山と呼ばれた二上山。
雄岳と雌岳をつなぐ(馬の背)に立つと東には奈良盆地全域の広がりと、護る青垣の連なる風景。
西には大阪湾までの町並みが急速な高低さ持ち広がり、神戸や明石あたりまでの六甲山系と湾岸の風景。

ある夕暮れに見た空があまりに印象的だったので・・・

すべてを抱く
フタカミ諸とも抱かれる
06/16/2010    イカツチ呼ぶ
IMGikazutigumo.jpg
もうじきやって来る、東南の天からやって来る
フト太鼓の音轟かせ、真青の空をあっけなく荒海のとぐろに巻き鎮め
かすかに覗く青い割れ目が閉じたとき
イカツチ呼ぶ
豊の雲
あらあらしトヨの渦
06/12/2010    天上天下唯華独尊
IMGhasu1.jpg
藤原宮址に毎年咲く蓮です。
奈良は今平城遷都1300年祭に因んだ社寺のイベント等、訪れる方々も多くなり、こちらにもその空気が伝わって参ります。

「藤原京廃都1300年」
でもあるのですよね・・・。
そしてその前には飛鳥京、大津京、難波の宮・・・また飛鳥、そしてその前は・・・。

ときのうつろいは、まばたき程のものなのかもしれませんね。

泥水と天の気を受けて咲く蓮が、凛とした意志を持って咲いている様に見えました。
「今、咲こう」と。

天音さん、バックの色は(顔彩)使わせて頂きました、パソコンに入れると色の風合いがちょっと変わりますが・・。
素敵な色達をありがとうございます。
06/06/2010    地と水の星にて
P1020687_0001.jpg
少し大きめの絵(10号)なので写真に撮りました。又もやクーピー&水彩です。

先日、ハップル望遠鏡からの映像をTVで見ておりましたら、あああぁぁーxxxもうっ!!
やっぱり・・どうしても、どうしても!
ウズが描きたくてウズウズするのです(おやじギャグではありません。。。)。

この宇宙はエネルギーのウズだらけ・・・
銀河と銀河がぶつかって和合して、そして更に巨大な美しい銀河が生まれる。
これを現実の映像で見られる時代に生きている事にあらためて感動します!

文字通り星の数ほどありますある銀河の中の、ある小さな惑星にて、天のウズと地のウズとの結晶が如く・・・

花は「オオヤマレンゲ」

そろそろ山深い天川あたりで、弥山と水の女神の華が人知れず咲く頃でしょう。
06/05/2010    高天のサンドウ
IMGtakamahiko2.jpg
昨年ものです。ハガキ大の紙に、簡単にボールペンと水彩絵の具使用です。

数ある神社の中でも、高天彦神社の参道は特別好きな場所なのです。
絵はスケッチではなく焼きついているイメージ絵ですが・・。
今は道も整備され、立派な駐車場まで出来て周辺の風景も変わりつつありますね。
社の瓦も葺き替えられ、休憩所もとても綺麗に造られ、ご参拝の方々も増えてきた様です。

不思議なことに、この参道を通らずにお参りされる方が以外に多いのです。
「大きなお世話!」
には違いありません。
しかし・・・もったいないなぁ~・・・って思うのは私だけなのでしょうか。。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。